2011年9月14日水曜日

まいった

上手く書けるかどうか。語弊、誤解だらけになりそうだ。
ただ相談しようもないが、飲み込めないので書きたい。


あくまで想像の範疇というか、頭をぐるぐる駆けめぐってる事というか。

今世界中でメインストリームとなってるゲームに作り甲斐を見いだせなさそうだ。
もちろんそういったゲーム自体を否定してるのではなく、また楽しんでる方々を否定しているのでもない。

あそこら辺のゲームは如何に煽って高揚させてお金落として貰って満足してもらうかなんだけども、その煽る方法は今のところグラフィカルな演出だったり、スーパーのセールのようなイベントだったりいろいろあるんだけども、ユーザーさんの行動データ(ようはいつお金落としたかとかいつやめたかとか)をとって、どれが効果的だったかとかを検証してどんどん修正していくのはいいんだけど、企画さんは楽しいと思うんだな。自分が決めたイベントや演出でその日に数字に跳ね返ってくるから。でも今のとこその演出やイベントの質(?)は求められてない感じで、なんでもいいっちゃいい感じで、いつやるかとかどのタイミングでやるかばかりなんだな。
たぶん。

だのでこの演出だから数字あがったとかならまだ創って良かったとも思えるのだろうけど、このタイミングでイベントやったのがよかったとかここで演出入れといて正解だったとかしかないから、そのモノ自体はわりとどうでもいい感じすぎて創っててつまらなそうだ。

つまらないものを創るという意味ではなくて、創る行為をまったく楽しめない未来ばかり見えてくる。

創るのが好きな人はゲーム業界に来たらいかんなとか思ったり思わなかったり。

そんな想像ばかりしてる日々。

posted from Bloggeroid