2013年12月22日日曜日

ゲームのルール

ゲームのルールを考えるディレクターや企画屋が消えた気がする。インディにはたくさんいるけど。
どんなIPをどのゲームシステムと組み合わせるかしか考えてない。
ゲームシステムは今までのやつを持ってくるしかしない。
ゼロからルールを作るのは至難の業だと思うけど、例えば何か玉を三つくっつけたら消えるルールがあったとして、四つにしたら面白さはどう変わるだろうとか、下から球を打ち上げるのを横からにしたら面白さはどうかわるだろうとか、玉を四角にしたらどう変わるだろうとか。

ゲームのルールを自分の頭で考えなくなったら終わりだなと思う次第。

2013年10月27日日曜日

思うこと書き散らす

格好良いこと言って結局その人はブログ書いてアフィリエイトでお金稼ぐしかしてない流れはそろそろ食傷気味。

少し著名な評論家とかが有料メルマガとかでファンクラブみたいな流れにしていくのも食傷気味。

そもそもが誰でも表現者であるし、今更70億総表現者の時代とか騒いでもピンと来ないが、表現の内容が凄くかたよってるなとは感じる。
文、写真、絵、音だらけだ。
後仕事と関連してなくたって良いと思う。
あと、大半がそれは表現じゃなくて扇動なんじゃないかとか、それは表現じゃなくて教示なんじゃないかとか思ったりもする。

単純作業は新興国にどんどんアウトソースされて仕事はなくなるからうんぬんかんぬんの流れも、それをいうとそもそもアイデアとか設計自体も日本でやる必要もなくなるから最終的に日本要らなくなるのでは。
実務も日本でやった方がいいというふうになるよう知恵を絞った方がいいのでは。
よくわからん偉そうな人が言うことを噛み砕くと、ようは日本自体必要ないにいきつくのがなんとも。
かといって妙に日本素晴らしい、海外からも評価されてるみたいなのも気持ち悪い。思考放棄的な。空元気みたいな。
極端なのなんとかならないのか。

ネットだとことさら感じる所に、誰でも芸能人化しようとしてるのがよくわからない。
誰でもなんがしか表現して発信してなんてのは今も昔も出来た事だ。
で芸能人化しようとしてる人たちのヒエラルキーの一番上が結局テレビなのがまたなんとも。
テレビなんて云々、ネットがあーだこーだみたいなのはどうしたんだろうか。
テレビにでたぞやった的なのをみるとなんとも。

ここ数年で強く感じてるのは、結局騙した者の勝ちみたいなのとか、平たく言っちゃうとようは詐欺だから格好よさげな言葉にすれば皆わかんないだろっていうのがやたらめったら増えたのと、無頓着な奴らから金をねこそぎとろうっていう感じのにおい。

後、そもそもあなた何してるの?何屋さん?ってのが凄く増えた。
あんた誰なんです的な。

ようはいろいろ遮断しないと自分の創る物に悪影響がでるからやだなってのと、なんと言われようと真面目に誠実にやろうと。馬鹿をみるのはわかってても。

2013年9月12日木曜日

お芝居宣伝

team.roughstyleさんのお芝居の音楽を創りました。
よろしければ是非観にいらして下さい!

============


◯団体名:team.roughstyle(チームラフスタイル)


http://ameblo.jp/teamroughstyle/



◯タイトル
『狗傳-kuden-』


◯公演日:9月21日(土)、22日(日)

 9月21日(土)
  14時~
  19時~

 9月22日(日)
  13時~
  17時~


◯場所
 『遊空間がざびぃ』
 杉並区西荻北5-9-12 そらの上
  03-3395-0133
 http://www.gazavie.com/access/


◯チケット料金
 前売/当日共に2500円


◯脚本:栗原竜太

◯演出:宮木田田

◯照明:釣沢一衣

○音響:竹下好幸

○音楽:土屋昇平

◯キャスト
 青木淳高
 小田敏充
 中田俊輔
 宮下栄治


    波多野和俊
    池田恭祐

    上村拓未
    白戸祐太郎
    若林佑


○あらすじ

━━━━1913年、巷ではとある新聞連載記事が話題を呼んでいた・・・。そんな最中、ある老人の元を訪れる一人の新聞記者がいた━━━━

「ごめん下さい」
「……おや、またアンタか」
「こんにちは、杉村さん」
「ついこの間顔を見たばかりだと思ったが。……かわら版屋というのは働きモンじゃな」
「それはもう。なにしろ今話題の『新撰組』の事についてですからね」
「ふん。ま、あれだけ暴れれば、あることないこと広まろうとは思うがね。わざわざワシの所に来んでも良いんじゃないか」
「そんな、ご謙遜を」
「謙遜も何も、奴らなら今夜もそこらを走り回っとるわ。聞こえんか? ほら、足音が――」

━━━━そこで語られる真実とは・・・。幕末を駆け抜けた、男たちの物語━━━━


 ◯制作:team.roughstyle


◯チケットご予約について

チケットお申し込みの際は、下記テンプレートにご記入いただき、

 team.roughstyle@gmail.com

までメールをお送りください。

メールを送信後、折り返しチケット申し込み完了のメールが届きます。このメールをもちまして受付完了となります。
(折り返しのメールにつきましてはお時間がかかる場合があります。ご了承ください)

万が一、1週間経っても折り返しのメールが到着しなかった場合は、お手数ですが再度 team.roughstyle@gmail.com までご連絡下さい。


↓↓申し込み用テンプレート(コピーしてお使い下さい)↓↓


*******

お名前:      様

ご連絡先お電話番号:

9月21日(土)
  14時~   枚
  19時~   枚

9月22日(日)
  13時~   枚
  17時~   枚

お目当てのキャスト:

*******



※チケット料金は全て当日受付精算となります。

2013年2月12日火曜日

XPERIA Z 所感

私のスマートフォン遍歴は4年ほど前のHTC-03A(HTC Magic)から始まる。
別にスマートフォンが好きとか、モバイルデジタルガジェットが大好きとか携帯電話が好きとかそういう事は一切無く、一番最初は使用していたフィーチャーフォンが壊れ、買い換えを余儀なくされた時に、HTC-03Aがとても安かったのでそれにしたという感じ。
キャリアはずっとdocomoだ。

HTC-03A→GALAXY S→Optimus LTE→Xperia Z

こういう感じでヘタすると年に一回買い換えてしまっているのが現状だ。HTC-03Aは良かったのだが、新しくでるアプリがどんどん重くなり、またandroid1.6(ドーナツ)に対応してないアプリが増え、android2.x(フロヨとかジンジャーブレッドとか)に変えないと使えないなあと思い、GALAXY Sに買い換えた。これとOptimus LTEが私的には非常に残念な状態で、また買い替えを余儀なくされてしまった。

GALAXY S・・・フリーズ多発。一日一回電池を抜き差ししないと動かない。

Optimus LTE・・・バッテリーが終わってる。二時間でカラッぽ。ICSにして改善したとの報告もあったが、私の使用してる何かのアプリと相性が悪かったのか、ICSにしても2時間でカラ。後、LTE、Hi Speed 3G、3Gの通信遷移が上手く行われず、電車移動が多い私は通信できない時間が大半を占める事となる。

で、もうまいったなという所で意を決してXperia Zを購入した。
まだ使い込んではいないので参考にならないかもしれないが、ざっとこんな事を感じたので書いておく。

==========

バッテリー・・・軽く使ったり、でも基本放置みたいな感じで1時間で10%ほど減るっぽい。これはもちが悪いのか良いのかわからない。Optimusは使ってると数十秒で1%減るので。内蔵電池なのが玉に傷なのかも。電池交換の時は二-三日預かってもらってかつ内部のデータ全消去となる。※juice defenderでstandard状態

重さ・・・身が詰まってる感じではある。そんなに重くはないような気もするが、寝転がってなにかすると腕がしびれるかも。

薄さ・・・薄い

大きさ・・・私は手がわりと小さいのだけども、片手使用ギリギリなでかさ。握ると親指は反対側に全く届かない。

デザイン周り・・・イカしてるかどうかは好みの問題だが、電源ボタンが横なので間違えて押してしまうことがあるのと、液晶のガラス面が、外枠と完全に密着してないので、隙間にゴミが入る。

安定感・・・ジェリービーンズをしっかりチューニングしてきたからなのか、落ちる気がしない。

速さ・・・キビキビ動く。もたつかない。さすがクアッド&メモリ2GB

画面・・・443dpiだからなのか、やたら綺麗。ただ、黒バックで白い文字の時に画面をスワイプさせると動かしてる時だけ白い文字が紫色っぽくみえる。これがブラビアエンジンか。

音・・・スピーカーから出る音は極めて音が硬い。

お値段・・・平均8万前後じゃなかろうか。実質払うのは4万ちょい位だと思う。高いような気もするがこのスペックのPCでこの値段ならまあという所もある。24回払いで月々2000円前後くらいだろうか。

その他・・・プリインは結構削除できるようになってる。もちろん削除できない奴もICSからの機能で封印できる。

docomo・・・docomoのプリインはほぼ全部削除か封印。

xperiaのプリイン・・・もっといろいろ邪魔なの入ってるかと思ったらそこまでではなかった。でも削除&封印。

アプリ・・・内臓のストレージ16GB(実際使えるのは12GB程度だとおもう)以外に保存できない。画像とか音楽とかのデータはSDカードに保存できる。なのででかい容量のアプリ内(特にゲーム)にSDカードにデータ保存という項目がないとやばい。

ワンセグ&FMラジオ・・・ワンセグもラジオも私は使わないが、使う人はアンテナをその都度刺さなくちゃいけないのが面倒かもしれない。ラジオに至ってはイヤフォンやヘッドフォンの有線部分をアンテナ代わりにするという豪快さ。

お財布携帯・・・Felicaのお膝元なのに、今までのxperiaでは微妙に反応悪いと言われていたが、今のところ大丈夫っぽい。

赤外線・・・赤外線がついてる。ウィジェットからだと何を送れるのかよくわからない。

モバイル通信&遷移・・・非常に快適。後速度がとても速い。LTEは本当はこういう速度だったのかと感じた。

wi-fi・・・ちょっと感度が弱い。

PCとの連動・・・PC コンパニオンというソフトで連動する。そんなに悪い感じではないが、バックアップが異常に遅いのと、media goをアップデートしてもらって、sonyのPCソフトは1つだけってしてもらったほうが楽だったような気がする。

いろいろ連動・・・xbox360とかPS3とかPCとかと無線でかなり楽につながる。つながるとデータのやり取りやら画面に画像や動画映したりできる。

======

で、それとはまた別でちょっと不思議なことがあって、optimusからxperiaに買い換えた時って、simの形も違うので、何一つとして物理的なものは移し替えて無くて(SDカードも新しいやつにした)、かつgoogleにとってある連絡先とカレンダーとメール以外同期させてない状態なのに、なぜか会社のwi-fi情報とかが既に入ってて、何の設定もせずつながった。
googleさんの仕業としか考えられないが、wi-fiのSSIDとかパスワードとかそういうのも取得してるのかgoogleさんは。