2016年11月28日月曜日

悪くない

先日違うお薬を追加で飲み、状況は改善に向かっている。もちろん一喜一憂してはいけない。波があるから。
すこしづつ前に進んでいることに感謝をする。

ある程度落ち着いたら、同じ不安障害の人のために、自分の経験をブログに書こうと思う。

今まで漫然とした治療だったが、今回は主治医とも綿密なコミュニケーションをとり、セカンドオピニオンもじさず、積極的な治療を行っているつもりだ。その中で自分で出来ることの知見もかなりたまってきたように思う。

寛解までそう遠くない。完治まではまだまだだろうが。
今回は寛解をまず目標にして、次に完治を目指す。

周りの人の理解も得づらいし、苦しさが伝わらない疾患で、患者のコミュニケーションの場もなかなか無い(あるんだけど、そもそもそこに行けないとか)ので、ネットでそういうコミュニティをうまく作れたら(誰かがやってるとは思うが)。

この疾患はみんなが思ってるほどレアケースではない。精神疾患で通院している人だけでH23年度320万人というデータもある。
https://goo.gl/pTjI7T
その中で不安障害は57万人らしい。
併発していることも多いからどういう区分かはわからないが。
このデータを単純に考えれば、約250人に1人は不安障害で通院していることになる。
精神疾患という大きなくくりで言えば約50人に1人はなんらかの精神疾患で通院している事になる。母数は性別年齢関係なく1億2700万人でざっくり割ったので、世代別でみればまた違う見方になるだろう。

ともかくレアケースではないものなのだ。
恐れる必要はないが、社会に理解される必要は大いにあると思う。