2016年12月2日金曜日

見えてくる

今主に飲んでる薬はレクサプロ15mgで、5日前にサインバルタ20mgが追加になったんだけども、今までを振り返ると、もしかしたらレクサプロは体質的に合ってないのではという気がしている。これは先生にも今度相談するが、
2006から2013までパキシルを服用していて、途中薬の量が上がったが、ライブにもまあ出られていたし、夜の飲み会も頓服を飲んで出ていた。
2014から、レクサプロ10mgに変更になり、副作用がきつく1ヶ月後に5mgに減薬をした。5mgは個人的には好調でとても良かったと思っていた。だが、そこから約二年かけて、夜の飲み会への参加や、暑さへの耐性(もともと得意ではないので発作を誘発する)、ライブへの参加などいろいろ減っていった(発作が出るので参加しづらくなっていった)という経緯がある。
そして10月の大発作で今に至るわけだが、こう考えるとレクサプロはあまり私には実は合ってないのかもと。今更ながら考えている。
治る算段はもうついている感じだ。
変な話だが、今の私は薬の副作用を薬で抑えてる感じだ。
本来パニック障害というのは普段はなんの問題もないのだ。苦手なところに行く、緊張するところに行く、空気の悪いところ、混んでるところにいくと、予期不安が始まり発作に至るわけだ。苦手なところでなきゃ特に何も起こらないし、落ち着いていられる。
ところが今は、薬が強いのか合ってないのか、先月まで慢性的な不安緊張、ソワソワ感、朝から夕方までの倦怠感、無気力感に悩まされていた。これはパニック障害では見られない症状だ。私も初体験でとまどった。そしてもう一つ、それは夜になると落ち着いていたのだ。それは薬が夜切れてきてちょうど良い血中濃度になったからなのではと想像している。
サインバルタを追加すると、先日のブログにも書いたが、一日毎好不調位になってきた。慢性的な不安緊張もほぼ消えてきた。ただ、朝はまだ無気力感と倦怠感がある。

なので、先生と相談だが
レクサプロに変わる違うお薬
サインバルタの扱い
各種量と服用タイミング
このあたりがはまれば、寛解は大変近いところに来ていると感じている。

寛解は見えた感じがある。だが、どの薬がはまるのかは服用してみないとわからない。これはもう人体実験を繰り返すしかない。