2016年12月7日水曜日

この疾患の難しいところ

この疾患の判断で難しいなあと思うのは、お薬の量が足りてないのか、丁度良いのか、多すぎるのかがわかりづらい所だ。
どれも初期は結果として似たような症状が出る。
足りてないと、つらい症状が出る。
多いと、これまたつらい症状が出る。
丁度良くても、初期段階はつらい副作用が出るのだ。
なので、物凄く確率の低いクジを引きつづけるみたいな事になりかねない。
せめて、薬の種類だけは合ってたら合ってますみたいな体のサインがあれば良いんだが。