2017年2月28日火曜日

PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 07 "急性期の治療"


以前の記事で、治療には複数の段階があると書きました。
もちろん人それぞれというのは大前提です。

急性期には、先生によりけりですが抗うつ薬(SSRIなど)と抗不安薬(BZDなど)を併用して、
まず発作を抑える事を最優先とした治療が行われる事が多いと思います。

お薬については別の記事でさらに書こうと思っていますが、ざっくりと書くと

抗うつ薬(SSRIなど)は、飲み始めてから先に副作用が現れ、数日、数週間、数ヶ月後に効果が出てきて安定するようだ。耐性がどちらかといえば無いらしい。依存性は無いようだが、薬を止める、薬を減らす時にきつい離脱症状が出る可能性が高いようだ。

抗不安薬(BZDなど)は、飲み始めてからすぐに効果が現れ、副作用も比較的少ないようだが、数週間連続で飲み続けると耐性が出来てしまったり、依存してしまったり、薬を止めるときや減らすときに離脱症状が出る可能性があるようだ。

こう書くとどちらもろくでもない薬に思えますが、どんな薬でも使いようというか、リスクとベネフィットがあり、リスクとベネフィットを比べ、どちらのほうがマシかという観点で服用して治していくしかないように現状は思います。

それで話は戻りますが、急性期にはこの二種類を併用し治療を行っていくことになると思います。
そのさい、抗うつ薬は効き始めるまで時間がかかるので、その間抗不安薬でしのぐというイメージです。

この間で個人的に重要かなと思うのは、先生や病院との相性を見極めるチャンスの一つであるという事と、抗不安薬を飲むのを変にためらわないという事(先生の指示通りに飲むという事であって、オーバードーズしようという意味では決してありません)、苦手な場所や事を出来るだけ増やさないでおくという事、自分の体質、薬との相性を知るという事でしょうか。

まず、抗うつ薬は1-2週間から1か月位は、自分とあっているか判断するために時間が欲しい所です。ですが、どうやっても耐えられない副作用が出ている、1週間しても全く副作用が軽減していない、1か月経っても発作や予期不安が全く減っていない場合は、先生に相談する事をおすすめします。

また、そういう事なしに、増薬、減薬のペースが速い、変薬のペースが速いお医者さんは、ちょっと警戒をしても良いかもしれません。
また、問診の内容、話を聞いてくれるか、きちんと答えてくれるか、そういう事もこの期間に見極めておくと良いと思います。特に治療プランに関してや、心構え、生活の仕方などに明確な考えを持っていない先生の場合、少し警戒しても良いかもしれません。

抗不安薬に関してですが、ベンゾジアゼピンで検索すると、まあひどいことしかネットには載っていないので、飲んだら最後なのではと思ってしまいますが、抗うつ薬が効くまで抗不安薬でしのぐのは仕方がないと思います。治療で重要なのは発作をなるべく起こさない事ですので、ここで変に我慢してしまうとつらさの印象が刻み込まれて、治るのが遅くなる感じがします。リスクとベネフィットでいえば、急性期にかんしては、耐性や依存のリスクより、発作を起こさないベネフィットを優先した方がまだ良いのでは思います。

急性期は結構きついのと、いろいろ不安になるので、先生と密に連絡をとり、副作用の状態や、発作の状態などを週一で報告するくらいの感じが一番良いと思います。

副作用に関しても別途書きたいと思いますが、リスクとベネフィットをよく考える必要があると思います。副作用が無い抗うつ薬は無い位のものなので、発作が終息する事と、副作用をきちんと天秤にかけて、どちらの方が最終的に良いかを考えて判断していく必要があるかと思います。
私は副作用が嫌でころころ薬を変えてしまい、現在回復が遅れています。結局副作用が全くないお薬は無いという事を実感しました。


PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 06 "情報の集め方"


PDになると、そもそも神経過敏や不安が強い状態になるので、自分は大丈夫なのか、飲んでるお薬は問題ないか、もっと良い先生はいないか、どうやって治療を進めていけばいいかなど、とにかくいろいろ調べたくなる方も多いかと思います。

著名な検索エンジンでパニック障害と検索すると、本当にいろんなサイトが出てきます。
有用な情報も多いですが、余計不安になってしまうような情報も多いです。
あれをやった方が良い、これはだめ、このお薬は良くないなど、その情報を見て、今かかっている病院の治療方針と違った場合、これまた不安になってしまい、今の先生は大丈夫なのかと余計な心配事が増えてしまうこともあります。

ただ、受け身の治療より、ある程度の知識を持って治療に臨むのは悪くないとも思います。なので、無駄に不安になるような情報はできる限りシャットアウトし、必要な情報信頼のおけるところから手に入れる努力は必要かなと思います。

情報を得る前に大前提として

・人それぞれ違う(特に薬の効き方)
・主治医の治療方針を把握しておく
・そもそもPDの原因も治療法もまだきちんと解明されてない
・どんな治療法でも、重要なのはパニック発作を起こさせない事
・どんな治療法でもリスクとベネフィットがある

この5つをしっかり大前提として認識しておくことが重要かなと考えます。

最新情報はどこにあるかというと、私もよくわかりませんが、pubmedで論文を探すであるとかになるでしょうか。しかし、英語であったり専門的でなかなかほしい情報にたどり着かなかったり、医学的な知識が無いと何を言ってるのかさっぱりわかりません。

基本的な情報に関しては、厚生労働省や、日本精神神経学会、大きなメンタルクリニックのサイト、著名な医学書などに載っている情報をまずは確認してみると良いかと思います。

この情報に関して、および上記5点についてはいろいろ書きたい所も多いので、また別の記事で書ければと思います。

ともかく無駄に情報を仕入れて、医学的知識の土台もないのに妙な知識だけ手に入れてしまって余計不安になったりすることは、得策ではないと感じます。


2017年2月25日土曜日

PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 05 "体調や治療の経過の感じ方などざっくり"


PDの経過は人によって様々ですが、私は2006年にまず発症し、治療によってそれなりに安定していたのですが、2016年10月に再発して、そこからの3か月でいろんな失敗をして、ちょっと遠回りな感じで鋭意治療中です。
再発後はかなりしんどい状態になり、治療の経過もあまり感じられず、
焦ってしまって失敗を重ねてしまった感じです。
どんな失敗かはまた別の記事に書くとして、まず、どういう経過で体調は変化するのを書いてみようと思います。
といっても、これも以前書きましたが、人によってさまざまなのは言うまでもありません・・・。

しょぼいグラフでお恥ずかしい限りです・・・。
お医者さんによってさまざまですが、こういった区分けをされている事が多いかもしれません。

・急性期
パニック発作が頻繁に起こる

・慢性期
発作は起こらなくなってきているが、慢性的に不安や緊張など不快な状況が続く、
いわゆる不定愁訴

・回復期
不定愁訴も消え、発作もそんなに起こらなくなってきている状態

・安定期
コントロールできている状態。いわゆる寛解

グラフには書いてませんが、この後、お薬を減らしていき、完治となる模様です。




2006年に発症したときは、このグラフのような感じではなく、発作が起きた次の日などは普通に会社に行けていましたし、数か月かけて、徐々に悪くなっていった感じでした。
治療を受け始めてからは、慢性期というようなものは感じず、急速に良くなっていったように思います。軽度だったからかもしれません。

2016年に再発したときは、物凄い発作の後、ひどい慢性期というか、ずっと不安と緊張が持続する状態になりました。はじめての事でびっくりしました。今までは、嫌な所に行くと予期不安が起こり、パニック発作が起こる感じで、苦手な所でなければ特に何も問題なかったのですが、延々不安と緊張が続くという状態に陥り、本当にきつかったです。

自分はGAD(全般性不安障害)になったのか、それとも何か別の精神疾患を併発したのか、ともかく焦りました。
結果としては、引き続きPDであろうという事で私は治療を続けております。

それぞれの期は各数か月、年単位でかかる事も大いにあるので、悲観せずゆっくりいきましょう。

私は回復してるんだかしてないんだか、今どの辺にいるのかが心配で、先の見えないトンネルを進んでいるような気持ちでずっといました。そして、焦るあまり薬の増減、変更を先生にお願いし、結果として薬の効果が出ないうちにそんな事ばかりしてしまい、回復が遅れてしまいました。心を入れ替え、ゆっくりだけど進んでいると、今はまだ~期なんだと考えて、どんと構えるようにしようと思います。


PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 04 "先生とのコミュニケーション"


先生とのコミュニケーションは、PDの治療において最も重要な所かと思います。
というのもPDは(他の精神疾患もおおむねそうだとは思いますが)、
咳が出るとか体温がどうとかウィルスが検出されるとか、検診でわかる事がほぼなく、
基本自分の状態を自己申告するしかないんです。

なので、例えばですが


先生「調子はどうですか?」

患者「まあまあな感じです(あんまり良くなってる気がしないけど)・・・。」
先生「それでは現状の処方のままで維持しましょう」

これで問診が終わってしまうという事はありえます。
先生に問題があるわけではなく、患者の方から状態をきちんと申告しないと判断のしようがないというのが、PDの難しい所なのかなと思います。

また、別の記事にも書こうと思いますが、日々調子が上がったり下がったりしますので、
診察の日の状態だけ言っても仕方がなく。
気にならない程度に、毎日自分の状態を軽くメモっておくと良いかと思います。
ただ、自分の状態を気にしすぎると本当に良くないので、あくまでメモという感じが良いかと思います。

それでいざ診察の時には、例えば朝から強めの不安が続き、20:00頃には収まるであるとか、一日ごとに好不調の波が来ているだとか、どの程度の不安、どの程度の緊張、発作は起きたか、予期不安はどうか、抗不安薬はどの程度服用しているかなど、きちんと細かく
報告できると、先生とのコミュニケーションがうまくいき、治療も精度の高い治療が期待できるのではないでしょうか。
特に、お薬の副作用と思われる症状は、細かなことでもしっかり伝えることが特に大事だと思います。

私は最初うまく自分の状態を説明できず、効果的な治療が出来ませんでした。今でもなかなかうまく伝えられず、これからもっと伝え方を考えなければと思ってる次第です。


2017年2月23日木曜日

PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 03 "治療環境の構築"


治療が始まったら、治療に専念できる環境をつくるのがとても重要だと感じました。
環境といっても、場所とかではなく、周りの理解を得るという事です。

学業や仕事をしながら治療できるくらいの軽度なら良いのですが、そうでない場合ある程度長期の休養になるかと思います。
しかし、この辺りは先生によっても様々で、きつくても仕事をしながら治療したほうが良いという先生もいらっしゃいますし、一度休んでしっかり治療をした方が良いという先生もいらっしゃいます。

どちらにせよ、勤め人であれば会社、同僚、上司、後輩などの理解、家族の理解、とにかく周りの人にきちんと説明をして理解を求めるという事が必要かと思います。


というのも、PDは周りから見て結構つらさが分かりづらい疾患だと思います。
苦手なところ以外は普通に生活できたりもします(重症度によりますが)。
しかし、お薬には眠くなったり悪心が出たりする事があったり、狭い会議室や、パーティ、なにか会合や、人前でのスピーチが異常に苦痛になったりすることもあります。
また休職などになっても、寝たきりというわけではなかったりするので、周りから白い目で見られてしまったり、ともかく、本当に病気かどうかパッと見わかりづらいです。
しっかり治療するためにも、自分の疾患、状態を周りにきちんと説明しておくことが重要かなと思います。

私はこれに関しては当初から家族、勤め先、友人などに公表していたため、とても楽に過ごすことが出来ました。公表していて良かったと感じています。


PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 02 "病院選び"



パニック障害と書かずにPDと書いているのは、この精神疾患はあくまで脳機能の異常で起っていることで、オカルトみたいな事では無いという意味でそうしてます。

精神疾患を扱う病院はたくさんあります。
でも、なかなか良い病院がどこかなんてわからないもので(それはどんな疾患でもそうだと思いますが)。
病院を選ぶときに、ここを気にして選べばよかったという部分をいくつかご紹介します。
といっても最初の一手はもはや勘というかわからないので、良い病院に巡り合うために
転院も視野に入れつつ(ドクターショッピングは良くありませんが)最初は動くしかないように思います。

1.出来るだけ近い所、通えるところ

言葉にするとなんとも言えない頭の悪い感じがしますが、とても重要な事だと思います。
行くのに電車乗り継いだりしたら、PDにとって結構電車は苦痛なことが多いので大変です。

2.初診の問診でしっかり時間を取ってくれる

初診で何を聞かれるかは先生によって違うと思いますが、家族構成、環境や今までの病気などしっかり聞いてくれるところが良いと思います。20-30分はかけて、しっかり話し合えるような所だと良い気がします。

3.血液検査や場合によっては心理テストをしてくれる

PDは、症状的に低血糖症や側頭葉てんかんなど他の疾患と間違えやすいそうです。
なので、少なくとも血液検査で体の状態を最初に調べてくれる病院は信用がおけそうな気がします。また、他の精神疾患ではないか心理テストなどもしてくれたらなお安心な気がします。

4.先生とのコミュニケーションがうまくいきそう

これはまた別のブログに書きますが、ものすごい重要な事だと思います。

5.最低でも月一で診察してくれる

軽度の精神疾患になると、次回3か月後とかになったりする病院もあり、それだとその間に起こったことなどうまく伝えられませんし、コミュニケーションがうまくとれないと思います。

6.かけこめる

何か急にあったときに、電話してすぐ当日ないしは近日中に予約を入れてくれる病院は安心します。

他にもいろいろあったような気がしますが、今思いつくのはこのような感じです。
あくまで一患者としての感想ですが。

私は最初の病院が、初診5分、その後は3ヶ月に一度1分程度の問診で数年間やっていました。
運良く安定していたので数年間やれてましたが、もっと密に診察してくれる所であれば、再発は防げたかもしれません。



PD(パニック障害、パニック症)治療記 -自分の失敗から学んだ事- 01 "PDになったかどうかの判断"

早速ですが、私長年PD(パニック障害)でして、
以前からこのブログでもたびたび公表しているわけですが、
寛解していたと思ったら去年大発作が起こりまして、鋭意治療中です。
その間にいろんな判断の失敗をしました。
折角なので、同じ疾患に悩んでる方に自分の失敗から何か参考になる事はないかと思い、
ブログにいろいろと書いてみようと思います。
大前提として、まあここが困難なところでもあるのですが、
PDは(精神疾患全般に言えると思いますが)いろいろな部分が
人それぞれだという所が厄介な所かもしれません。



まず最初に、自分がPDになったのかどうかの見極めの部分を書きたいと思います。

私がPDになったきっかけは、2006年頃の話ですが


まず仕事がかなりタフだった事

そして


新宿の小劇場で酸欠になってしまった事

この二点がきっかけでした。


で、酸欠になった日、家に帰って何が体に起こったかというと、
  1. 息を吸っても吸っても息ができない感覚
  2. 心身共にひどい緊張
  3. 冷や汗
  4. 動悸
  5. 体が熱くなったり冷たくなったり
  6. 手足のしびれ
  7. 謎な焦る感情
  8. 血の気が引く感じ
  9. 異様な不安感
など、低血糖貧血過緊張が合わさったような症状がでました。
これは人によってさまざまだと思います。

それで最初は、内科や循環器科を受診しましたが、異常はないと言われました。
そのまま数か月いましたが、どんどん調子が悪くなり(特定の場所に行くと上記症状が出てくるようになってきて)、精神疾患を患う友人から、精神科、心療内科に行ってみてはと勧められ、近くの病院に行ったところ、PDと診断されました。




結論として、内科など受診して、血液検査やエコー、心電図などやって特に異常がないのに上記のような症状が出るようでしたら、一度精神科、心療内科を受診してみるというのはありだと思います。ありきたりな感想ですが・・・。

私は最初数ヶ月わからず、心療内科を受診するのが遅れました。もう少し早く行っていれば、回復もはやかったかもしれません。


2017年2月18日土曜日

いくぶん楽に

前のましな処方に徐々に戻してる。
いくぶんマシになった。
とにかくこの2ヶ月慢性的な緊張と不安に包まれてたので、外に行くとか、風呂にはいるとか、色んな事がおっくうというより怖くなってしまってて、これは大変よろしくないので、むち打って外出たり、風呂はもちろん入ってるしという事をしている。
慣れれば安心するんだよね。
でも、マシになったのは良かった。
12月中旬の体調になんとか戻せてきてる。後は浮気せずこれでしっかりやっていこう。暴露療法も進めていく。

2017年2月13日月曜日

何度でも

今までで一番マシだった組み合わせに戻してもらおう。それでしばらく様子を見させてもらおう。
まだ時間はある。
あと、ベンゾを使いたくはないが、やはり必要なときには使うのと、使って罪悪感が出てしまうのをやめよう。
依存したらしたで、徐々にやめていけばいい。耐性がつくのは嫌だけど…。
どちらにせよSSRIだってSNRIだってやめるときに中断症状と闘うはめになるんだ。

あきらめない

また慢性期に戻ってしまったようだ。
回復期に飲んでた組み合わせにやはり戻そう。なかなかしんどい。

2017年2月9日木曜日

ちきしょー!

治らない!!一日中不安と緊張が拭えない!!
何かある訳じゃないのに!!
ぜったいなおしてやる!!!!くそったれ!!!!!

2017年2月5日日曜日

ちょっとだけ弱音

まだまだ、PD(パニック障害と書くと何か変な意味を感じ取る方がいらっしゃるので、PDと書くことにする)の治療に邁進しているわけだ。

しかし、なかなか良い薬が見つからない。

レクサプロ15mg→強すぎるのか、心が圧迫されるような感じがものすごくでる。予期不安はあるのか無いのかわからん。そのくらい、何とも言えない不快な感じになってしまう。不眠にもなり、眠くもなる。

サインバルタ20mg→やる気は出る。落ち着く感じもある。予期不安は夕方までは出ない。夕方に薬が切れる感じ。早朝に覚醒してしまう。

パキシルCR25mg→予期不安は出ないが、とにかく寝たきりになってしまう。眠くて眠くてどうしようもない。やる気も全く出ない。

ジェイゾロフト75mg→一日中緊張、不安が出てしまう。副作用はあまりない。早朝に軽く覚醒する感じ。

今、ジェイゾロフト単剤で試している。
今日の診察で、ジェイゾロフト100mgに増やしてみましょうという事になった。

ジェイゾロフト75mgだと、リーゼ5mgを朝昼晩服用しないと緊張、不安がとりきれない。
できればベンゾは使いたくない。

主治医の先生も、まいったなあという感じになっている。
俺もどうしたらよいのかという感じだ。

絶対治したいんだ。少なくともまず寛解に絶対したいんだ。BMZ無しで。

BMZは実は大丈夫で、耐性も依存もないみたいな研究結果でないかな。正直、SSRI+BMZの組み合わせが、一番社会生活がおくれる。
SSRI無しだと、それはそれで不安がとりきれないんだなこれが。

先生頼む。あきらめずに、根気よく一緒に治していってくれ。俺もあきらめないから。

むしろ俺が心が折れそうだ。なんで良くならんのだ。

今月にでも復帰したいんだ。くそう。

2017年2月2日木曜日

後少しのような気がする

PD再発に立ち向かいはや三ヶ月がたとうとしている。特に先月はいけると思ってたがだめだったりなど、合うお薬を探して紆余曲折していたが、セルトラリン(ジェイゾロフト)を今試している。
今までの中では一番いけそうな予感がする。まだ服用して10日程度。
最初は12.5mg、3日後に25mg、その4日後に50mg、で一昨日から75mgと、相当ハイペースな増薬ではある。
その間にパキシルCRを徐々に減らしていき、今は飲んでいない。
これも、かなりセロトニンがすでに頭にたまってきてるから出来る芸当なのかもしれない。

セルトラリン75mg単剤になり、他は頓服以外飲んでいない。
まだ不安定な感じ(副作用がでたり出なかったり)があるが、今までと違って、この副作用は時間とともに軽減していくだろうという自身がある。

おそらくなにかとんでもない副作用が出てこない限り、いろいろあったがセルトラリンでまずは寛解を目指す事になりそうだ。

今度こそ行けそうだ。だが焦らずじっくりやる。

でも流石にもう復帰したい。
自分はワーカホリックではないし、経済的な意味ではわりと楽天家なので、仕事をしないことに恐怖はない人なんけども、この状態はまわりを不安にさせてしまうし、かみさんを安心させたいという意味で復帰したいのがひとつ。あと、やりたいことが山ほどあるので、そのために復帰したいというのが一つ。

でも寛解までかなり近付いてると思ってる。

なんとかなる、なんとかする。焦らずに。でも前には進む。