2014年12月15日月曜日

音楽とかゲームとかVGMとかver02

前回の投稿から少しまた書きたいことをつらつらと

・エレベーター方式というか、今までゲームでは聴いたこと無いみたいなのはもう難しいと思うし、例えやったとしても、それでの驚きってもう期待できないと思ってて、昔は海外の音楽性を輸入して披露して驚くみたいな流れがあったと思うけど、今はネットのおかげでオリジナルにすぐたどり着けるので、それやるとただの劣化版にしか聴こえないんだよね。

・音数制限という武器は強いなと改めて感じる

・音色の特殊性はこれまた強くて、今は同じ打ち込みでもそれなりにリアルになってきてて、でも変にリアルだから、例えば生楽器のシミュレーションとしてはかえって気持ち悪いんだよね。昔のほうが、目指してる生楽器の音とはさっぱり似ても似つかない音なので、違う楽器と認識できてた。今は似すぎて不気味の谷みたいになってて、それなら生楽器録音した方がいいわけで。

・シンセもどんなシンセでも自由に使えるんだけど、強制的に音色づくりをせざるを得なかった昔とは意味合いが違う状態ではあるなと。

・回帰することはまず無いのは、昔の音は絵を選ぶというか、狙わないと合わないわけで。ジオーダーとかの裏でずっとpsgとか合う気がしない。

・昔の音はファッションになったので、それを楽しむカルチャーは無くならないしそれで良いと思う。

・すごく皮肉なのが、よりリアルに、より自由にを求めてきて、それが手に入ったらジャンルとしての明確な特徴が消えたって言う事。

・でもそんなことは音楽において凄く良くあることなのでどうということはない。

・インストの弱点は、基本わかりづらい所にあって、歌って凄くて、歌声が変われば違う人が歌ったなってすぐわかるけど、同じ曲を同じ楽器で違う人がプレイしたとして、結構耳良くないとその差を楽しむのは難しいと思う。

・その意味で、音色がある意味わかりやすかった昔のVGMはジャンルとして成立できるくらい存在がわかりやすかったのは事実だと思う。

・でこれからのVGMにまた大ざっぱなジャンルとして伝わりやすいルールを決めましょうってのはもう無理な話。

・そもそも昔のVGMも音楽のジャンルとしては自由で、ただ音色と音数制限というわかりやすさで、一括りに出来るくらいのもので、音楽的に分析してみれば一目瞭然で、例えばリズムに共通性があるとか、コードワークに規則性があるとか、そんなものは全くない。ざっくりいうと、みんな同じような楽器を使わざるを得なかったから、似た音色をもってして、統一感が出てただけ。なので、もともとVGMというジャンルは無かったと思っている。

・もう一度書いておこう。もともとVGMというジャンルは無かった。無かったというか、どっちかというと、ピアノ曲とかトランペットの曲とか、楽器縛り的なそういうジャンルだった。

・なのでその楽器を皆強制的に使いましょうが無くなったので、楽器縛りのジャンルだったわけだからそれが無くなるのは特に問題ない。別にその楽器が無くなったという意味じゃなくて、楽器は自由に使って良いと言うことになったからということ。

・なので、これからのVGMをジャンルで追おうとしても暗中模索に陥ってしまうので、作家を追った方が楽しい。すごく楽しいと思う。

・作家を追うと今までの何十倍もVGMが楽しくなるのは間違いない

うまくかけたかな。たぶんかけてないな。それでも書いてしまう。

2014年12月12日金曜日

音楽とかゲームとかVGMとか

VGMについて人前で話したりする機会を頂いたので、その前に自分のスタンスというか前提条件というか考えてることというか書き記しておいたほうがいいと思ったので書く。
以下は私のスタンス、思想であり、一般的にどうとかいう話ではない(一般的なんてのが音楽にあったら教えて欲しいもんだが)

私の大前提というか思想というかスタンス

・ゲームはアートだと思っている
・音楽もアートだと思っている
・アートとは表現するという動詞を言い換えたものだと思ってる
・なのでアートとはものすごい広い領域だと思ってる
・全てはアート
・それが他の人からアートと認知されるか、好かれるか、嫌われるかなどは全く別の話
・音楽は音を使って自由に表現したもののこと
・良いとか悪いとか優劣は存在しない。あっても好きか嫌いか程度
・ジャンル分けは便利だからあるだけ。でも、血の形を分けて見られるからありがたい時もままある。
・血とは経験とか人生とかDNAとか環境とかいろいろな事で育まれる
・VGMとはコンピューターゲームと一緒に流れる音楽のこと

・日本の音楽は特殊と思ってない。言い方を変えれば日本の音楽だけが特殊ということはないと思ってる
・どの国もその国の音楽がある
・日本古来の音楽と他の国の音楽との共通点は多々ある
・西欧の音楽が強いのは間違いない
・各国のチャートなどみても、自国の音楽+アメリカやイギリスの音楽を聴くという図式は日本とさして変わりない
・自国の音楽と西欧の音楽が混じり合おうとしているのはどこの国も大体そう
・それが良いか悪いかという事はない。良いとか悪いという判断は存在しない

・歴史から外れたというか、ポッといきなりなんの影響も受けてない全く異次元の音楽というのは存在しない
・どんな音楽も必ずなにかしらの影響を受けてる(音楽にかぎらず)
・音楽は長い歴史の中に存在している。変化し続けている。
・新しい音楽というのは今までにない変化をしたということ。根底から違う新種という意味ではない
・自分の経験則で聞いたことがない音楽というのと、新しい音楽というのは別の話

・血が交じり合った時に新しい音楽が生まれる時がある
・新しい楽器ができた時に新しい音楽が生まれる時がある
・新しい経験をした時に新しい音楽が生まれる時がある
・新しい音楽ができるきっかけは結構ある
・それが根付くかどうかは別の話
・無くなる音楽もある

・感覚的リテラシーに乏しい環境の文化は滅びる
・多様性のない文化は滅びる
・根無し草の文化は滅びる気がしてる

とりあえず以上。なんかいろいろ書きそびれてるけど。

2014年9月23日火曜日

TGS2014を踏まえて欲しくなってるゲームメモ

mark of the old ones
gangs of space
むらさきべいびー
アサシンクリードユニティ
tetrobot and co
zodiac
never alone
The order
the world2
キャンバレオン
forza horizon2
one upon light
ori
tengami
6180
relativity
wild
hunt
nero
get even
スナイパーエリート3
no man's sky
the division
rise of tomb raider
mortal kombat x
devil's third
ff15
ゼルダ オープンワールド
ファントムダスト
project spark
vane
コードネーム steam
キノピオ隊長

他にもいろいろあったけど、なんかもう完全に忘れてる。

2014年5月2日金曜日

映画を2本ほど

まず4DXでアメイジングスパイダーマンを観てきた。

所々休みがあるとはいえ、アクションシーンではかなり長く椅子が揺れ動く。
風や水などの体感イフェクトはとてもよい感じだ。
椅子の揺らし方、傾け方は今後より一層の試行錯誤が必要なんだろうと思う。
まだなんか噛み合ってなくて、あまり没入できなかった。

次にアトモスでアナと雪の女王を観てきた。アトモスの技術はゲームではすでにだいぶ前から使われている技術ではあるので、それを映画に当てはめるとどうなるか楽しみだった。
とても良い音響のようには思うが、いくつかどうかなと思うところもある。
まずあまりに定位が良すぎると、音場的に本当にうそ臭くなる。これはゲームがすでに証明している。
分離がよく定位がわかりやすすぎるサラウンドは本当にうそ臭くなるなと改めて感じた。

後、どうにもこうにもやはりスピーカーから出てる音が、スピーカーから出てる音だなあと感じる。リアリスティックに迫ろうとすればするほど、出音の録音したものです感がとても違和感となって現れる。

あと箱鳴りをもう少し映画館はどうにかした方がいい。

いろんな難しさを感じた日であった。

2014年3月15日土曜日

庇護

可能な限り自分本位で曲を作ろうとしている一番の理由は、結局どういうプロセスで作られた曲だろうが、作った人の評価となるんですよね。
サウンドディレクターがこうしろって言ったから仕方なくこういう曲をかいたとか、一番良いと思ってた曲をディレクターがボツにしたとか、聴いてる人にはそんなの伝わるわけがなく、作曲の人がこういうセンスなんだなという捉えられ方にしかなりようがないので、自分を守るためにも、自分が描きたいように描き、創りたいように創り、自分が納得した物だけ世に出すのが、一見我が儘に聞こえるんだけども、一番礼儀にかなってると思うのでそうしてます。どうやったって、作曲の人の責任になるわけですから。
ゲームとかは、あのメーカーのゲームはとかこのタイトルはという事になって、実際制作した人自体に評価が行くことは希なんだけど、曲はサウンドディレクターとかの評価にはつながらず、作曲家の評価になるし、それでいいと思うので。
今後もできるだけ自分本位で。

2014年2月24日月曜日

誤解というかなんというか

自分はもしかしたら違うイメージを持たれてるかもなあと思う事が続いたので、いくつか書いてみる。本来ならこんなことは別に書かなくていい事だし、行動で示す方が格好良いとは思うんだけども、こと音まわりはなかなか行動から結果まで結びつきにくいこともままあって、なかなか難しい。


・レトロゲー好き
→大変申し訳ありませんが全くもってレトロゲー信仰者ではないです。まあ何をもってレトロなのかも私にはよくわからないですが、私は2014年2月現在34歳で、幼稚園小学校あたりでFC、SFC、GameboyやPCE、メガドライブとかを遊んでいて、そこから今までずっとプラットフォーム限らずいろんなコンピューターゲームが好きで、ゲーム専用機も汎用機もいろいろと遊んでます。進化し続けてるコンピューターゲームとともに歩んでます。どこかで時代が止まってたりはしてません。サターン以降ゲームしてないとかPS2以降ゲームしてないとかそういう事はなく、ずっと進化と共に歩んできていて、今のゲームを私は存分に楽しんでます。ただ、ずっと一緒に歩んでますので、昔から今までのゲームの知識はそれなりにあるんだと思います。たぶんそのことがレトロゲー好きと思われてるんだと思います。でも私は時代関係なく面白いものは面白いし面白くないものは面白く無いというスタンスです。そしてこれからもゲームの進化と共にずっと歩んでいきます。どこかで止まることはないです。

・すごい昔からゲームサウンド制作をしてそう
→してません。最初に関わったのはXBOXです。1979年生まれです。
ただ、5-6歳の頃からコンシューマーゲームで遊んでるので、上記の通り知識というか記憶は多々あります。でも私の世代でゲーム好きな人は大抵そうだと思います。物心付く前からコンシューマーゲームと戯れてるので、コンシューマーネイティブなわけです。

・アーケード最高
→全くそうは思ってません。アーケード至上主義では一切無いです。プラットフォームは関係ないというスタンスです。
というかコンシューマーで育ってきてるので、どちらかというとコンシューマーの方が思い入れはあります。アーケードは高校の時に格ゲーブームでよく友人と行ってました。
でも幼稚園の頃からコンシューマーで遊んでるわけですし、アーケードゲームデビューは高校生なのでだいぶ後です。

おそらく自分が所属している所が昔からある所なのでそういうイメージがあるのだろうなあと思ったり。
どういうプラットフォームであれ、時代がどうであれ全く関係ないです。
いかしたゲームにサウンドで関わっていきたいというだけのシンプルな人間です。

2014年1月16日木曜日

その考え方

以下の前提条件で話してる人が多すぎて辟易する事が増えた。
以下条件でありつづけるから、プロデュース、企画立ち上げ以外はさようならという流れ。
この国をこれ以上虚像にしてなにが楽しいのかわからん。

===
日本より人件費が安い国があり続ける

色んな人が皆で使える何か作ってくれる

色んな人がただで情報をアップしてくれる

誰かが作れる

頼めば作ってくれる人が必ずいる

2014年1月1日水曜日

胃やら腸付近に強い痛みを感じた場合

私は胃腸が弱いので、よく胃がもたれたり、気持ち悪くなったり、膨満感だったり、お腹が下ったりする。時には床に爪を立てて悶えるほど痛い時もある。
今回書こうと思うのは、生まれてこの方何度も胃腸を壊して病院に行っているのに、全く学んでなかったので、きちんと対処法などを書き記して、自分自身実践していこうと思うためだ。特に、とても激しい痛みの場合について書こうと思う。
繰り返すが、とても胃腹部激しい痛みの場合について書き記す。
もっと言うと、病院に行くわけだけども、そこで何をお医者さんに伝えると正確な診断をしてもらえるかという部分。後、自分なりの対処法を少し。

繰り返すが胃腸あたりは、いろんな病気が隠れてるので何はともあれ病院に行き診察を受ける事。これがとにかく重要だ。これを大前提にしていくつか気づいたことを書いておく。
以下のことはお医者さんに聞かれると思うし、診療の前の問診票などでも書く必要があるが、聞かれなかったら説明をこちらからしたほうが良いと思われることだ。
ただ痛い時は冷静な判断ができない場合が多々なので、基本お医者さんに任せる事だとは思う。
自分の思い込みで説明してしまうと、それが勘違いだった場合お医者さんの判断の妨げになるだけだ。
ということも大前提として書いておく。

・いつから痛み始めたか(急性か慢性かという所だけでなく、潜伏期間のある病などの判断材料にもなるようだ)

・便はどうか(下痢や軟便かだけでなく、色や血便かどうかも重要)

・体温(これは病院で診療前にまず測ると思うが)

・今までの病歴(特に重篤なもの)

・飲んでいる薬

・どこが痛むか(へそから上か下か、右か左かだけでも。全般が痛いなら全般でも。詳細な場所がわかればなお良いが)
(自分で押してみて痛いところを押した時よりパッと話した時のほうが痛みがある場合も重要な情報のようだ。腹膜炎ではブルンベルグ徴候があるらしい。)
(ただこれは自分で痛い場所を探すのは困難なので、とにかくお医者さんの触診に出来るだけ正確に答えることが最も重要な事だ)

・最近食べたもの(特に生物や腐ったもの)

・近い人が最近病気してないか

・緑内障や前立腺肥大がある場合は絶対に申告(ブスコパンを使用できないようだ)

・心臓の疾患がある場合は絶対に申告(胃腸の痛みは心臓の疾患でも起こりうる症状のようだ)

・痛みが移動してないか(最初はへそ周辺だったのが、へその右側が痛むようになってきたなど)

このあたりをきちんと伝えられれば、診断の手助けになると思う。


そして、激しい痛みの場合、症状としては胃痙攣や腸の強い蠕動といったものが多いと思うが、特に胃炎、腸炎は自然治癒に頼るしかないのでなかなかしんどい。
胃炎、腸炎と診断されたら

・2食くらい抜いて空にする(この時は痛い)

・下ってる場合は下痢止めは飲まずどんどん出す

・嘔吐の場合も我慢せず出す

・風呂に入るなどして温める

・水分を普段より気持ち多めに摂取(経口補水液)(一気に飲むという意味ではない)

・背中や腰を揉んだりなでたりしてもらう(出来る場合は)

・楽な姿勢で安静に

・食べられるようになったら消化の良い物を食べる(食べ物が入ってない時の強い蠕動はとても痛い!)。食欲が無いからといって過度な絶食はむしろダメだ。食べて出すを繰り返すくらいの気持ちで食べると良い。

・処方されるであろう鎮痛剤を適切に飲み耐える

あたりだろうか。
もちろん胃炎や腸炎などならないほうが良い。普段の心がけとして

・よく噛む。

・腹八分

・善玉菌を増やす

・腹筋をつける

で、感染性や他重篤なものやストレス性のものなど以外の胃痛腹痛はかなり予防できるようだ。

特に咀嚼は相当すごい威力があるようなので、昔の人に戻った気持ちで噛みまくりたいと思う。